Don't feel!

約2年働いた職場を転職した。

理由は良くある、パワハラだった。

 

当時の私は『叱られるのは私の出来が悪いからだ』とか、『私のためを思って、厳しくしてくれているんだ』とばかり思っていた。

だから、教えられていないことを命令されても、教育なんだ 感謝せねば。こなせないと、私が無能だから…とばかり考えていた。

 

今になって当時の私は、上司たちによって深く洗脳されていたんだと気づかされた。

 

もっと“心に余裕のある上司”ならば、部下が間違えた行動を取る前に、予めきちんと業務内容を教えこむ。

何故なら、あとあと大きなミスをされても尻拭いが面倒になるからだ。

もちろん、自分より格上の上司から『君の指導ミスだね』と言われない為の意味もある。

 

なにより、自分が手塩にかけて育てていく部下だ。上司の一挙手一投足に一生懸命、応えようとするはずだ。

可愛くないわけがないのだ。

 

だから、真面目に教育をする気のある人間であれば『大勢の前で怒鳴るなどして、羞恥を晒させない』。例え怒鳴ったとしても『アフターケアーは欠かさない』。これが、私の思う上司像だ。

 

同じ“会社”という“ロボット”を動かす為には、沢山の歯車(人材)が必要となる。

歯車は、いかんせん壊れやすい。

 

十分な教育という名の油を注いでやり、時には羽を休めさせ、錆を取り除いてやる。愛情を与えながら歯車を扱うことで、ロボットは長く稼働出来るのだ。

 

見栄えだけの良い、中身がスカスカのロボットには誰も手は出さない。

見た目がいいロボットは歯車が落ちて、錆びてしまっても『ひとつくらいなら』とたかをくくり、気づかないふりをする。

 

今から書く私の体験談は、見栄えのいいロボットの歯車だった話。

 

 

私は二年前に内定を貰った会社へ就職した。

地元の、ごく小規模な会社。

従業員も少なく、和やかな雰囲気に惹かれ、此処で働くことを決めた。

 

最初は右も左も分からない。

キョロキョロしていれば怒られる。まず何かをしなければと、伺えば考えろと言われた。

私が新米だから優しくしてもらえないのも仕方ない、と凹むのもそこそこに、自分なりに業務へ勤しんだ。

 

初めての夏。

上司から、初めて大きな仕事を貰った。それは納涼祭の準備だった。

私は初の企画物に、終始張り切って行動。

何をやればいいですか?飾りつけは此処ですか?指示を仰ぐ。

 

『昨年のレジュメが倉庫にあるから、それ通りにやっといて〜』と、手のひらで言われた。

お祭りゴトに、暗いムードは似合わない。教えてください、の一言が上手く言えなかった私は、二つ返事でレジュメ通りに動いた。

 

そうしたら上司は怒鳴る。

 

『なにこれ?!全然違う!ほんとにレジュメ確認したの?!はぁ、これだからゆとりは…』

 

掴んでいたレジュメのファイルを勢い良く取られ、設置した飾りを全て落とされた。何度も謝ったが、聞き入れてくれなかった。

そうして上司は、他の社員と和気藹々に、昨年の雰囲気とは180度違う飾りつけを作って、思い思いに飾っていった。

 

私はその際、何をしたら良いのか分からなくなって、怖さのあまり指示も仰げなくなって、ただただモップで床掃除をしていた。

でも私はまだ気付けなかった。

私の認知が甘かったから、上司はあんなに怒ったのだ。

私が悪かったのだ。後で謝らねば。

 

モップ掃除を終えてから、もう一度謝りに行った。

上司は飾りつけが上手くいったのか機嫌良く、もう良いから。と許してくれた。

 

翌日の本番では外まで使い、沢山の露店を連ねた。

お祭りも見事なくらいの盛況っぷりで、黒字だった。

 

しかし、お祭りの後の反省会で上司は私の名を挙げ『新社会人としての動きが出来ていない、反省文を書いてきなさい』と罵った。

4月に入社したばかりの部下に大して、“新社会人としての動きが出来ていない”?

上司の口からつらつらと流れ出る針のような言葉に、私は涙をこぼす他出来なかった。

 

そしてさらに続けて『考えて行動しないでちょうだい、あなたは私たちの言うことだけやっていれば良いんだから』

 

私はハナから指示を仰いでいた。

なにをするにも、上司の言うことを遵守し二つ返事で答えてきた。

こうしたほうが効率が良いのでは?なんて大層な口は叩いていない。

 

それでも私は頑なに、私に非がある、私の責任で上司に迷惑をかけてしまっている。と思い続けた。

 

今考えると恐ろしい。

此処まで言われていて、何故信じきっていたのだろう。ゾワッとする。

 

その他業務でも、私の電話対応に難あると癖をつけてきた。

『ぶりっ子して電話対応するな、その声無性に鼻につく』と。

なので、私が電話を取っても要件を聞くことが出来ず、上司の内線へと転送していた。

 

私が1日にしていた業務は、主に掃除だった気がする。

掃除が終わると、給料泥棒・職務怠慢と怒られた。

じゃあ、私はなにをすればよかったの?

 

楽しそうにランチタイムを過ごす上司と同期を横に、私は一人でご飯を食べていた。

会話にすら入れてくれなかった。

会話に入れてくれても、『あなたはどうせ◯◯なのでしょう?』などとあしらわれ、小馬鹿にされていたので、普段から壁を作っていた。空気でいた。そうするしか、自分を守れなかった。

 

そんな会社に約二年もいた。

一年いたら、もしかしたら上司に認めて貰えるかもしれない。二年いたら仲間として、部下としてちゃんと見てくれるかもしれない。

信じて、毎日を過ごしていた。

 

 

今、パワハラで離職を考えている人。

或いは死を考えている人。

迷わずに、その場から離れて欲しい。

どうか、自分が悪いからとか、自分が辞めた末の後任がいない、まだ一年しか働いていないのに…なんて考えなくて良い。死にたい、なんて思わないで。

 

自分を守って欲しい。

いつか壊れてしまう前に、自身に優しくてしてあげて欲しい。

 

新しい職場なんて、辞めてから考えたら良い。

貯蓄がない、手持ちもないなら、日雇いをしながら探せば良い。

 

どうか、どうか、生きて欲しい。

 

私も仕事を辞めてから、モノクロの夢を見なくなった。ゲームや読書に、打ち込めるようになった。前の会社にいた頃は、何も手につかず何処にいても自分を責め続けていた。

多分、軽く鬱病だったのでは?と自己診断している。←診断結果が怖くて、病院にいけなかった。

 

頑張りすぎてる新社会人、眠れない労働者、転職は逃げ道じゃないよ。生きる道だよ。

 

これを読んでくれたあなた。

どうか、一緒に生き抜こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする