読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏が逆ナンされた話って書きましたっけ

先日の話なのですが、都内某所に服を買いに行きました。
そろそろ暑くなる時期ですからね、早め早めに準備をしておこうという事で、夏服を調達しに赴いた訳です。

彼氏の家から某所まで割と近いので、電車に乗ってスイスイランラン。二人で楽しく、何買おうか何しようかで花を咲かせていました。

某所について、先にご飯を済ませようとなり、ファミレスへ。
いつも通り大好きなナポリタンにテンションも上がる上がる。
彼氏もハンバーグを食べ、満腹になり、いざ行かん御目当ての服屋へ。

早速、彼氏の夏服を調達しにいつもの店へ。
彼氏、楽しそうにお買い物。何回か試着をし、吟味したのち2点ほどお買い上げ。
ホクホクしたまま流れで私の服も見ることに。
可愛いところは無いかとキョロキョロしていると、花柄の素敵なワンピース発見。少しばかり女の子女の子した店構えだが、駄々をこねて彼氏連行。


素敵なマリンブルーと自分を投影…。
しばし悦に浸っていると、餌が来たと言わんばかりに店員登場。
しかし今回の店員は、よくいるアパレル店員ではなかった。

私と彼氏を交互に見て一言。

「お二人は、彼氏さん…と彼女さんですかぁ?」

二人でキョトン顔。
そのまま彼氏が頷く。

アパレル店員はそうなんですねぇー、と当たり障りの無い返答。
なんだか釈然としない私。

そもそも店に入って、第一声がこれ。
普通に考えてありえない。
店員なら、客を招き入れる姿勢を見せてほしい。
要は、いらっしゃいませの一言が欲しかった。

その後も店内をぐるっと回る。
アパレル店員もついて回る。
思い過ごしも、まぁ多少はあるかも知れないと素知らぬふりを続け、手頃な服を見つけた。


試着室を借りて試していると、外から先ほどのアパレル店員…そして彼の声がした。

「今日はお買い物なんですかぁ?」

「そうですね、夏服を見に来ました」

そんな様な会話をしている。

“怪しい箇所”は無いか、服と会話を交互に挟む。
するとアパレル店員に動きが。

「おいくつなんですか?お住まいは?」

はぁ?(´・ω・`)


ちょっと待て、公私混同するな。
私と彼氏は休みで此処に来ているが、お前は仕事だろっ!
仕事しろ!(´・ω・`)
口調からして間違いない、これは狙っている。

こちとら何年、女やってっと思ってんだ。
試着して、値段も着心地もちょうど良く、ぜひ買いたい品物だったが胸糞悪くなり、そのまま返して帰ってきてしまった。

人の彼氏に色目つけるなアホゥ者!

あわよくば、とか思ってたらまじむかつく。

帰り際に、また来てくださいね♡を彼氏に向けて言っていたのを私は聞き逃さなかったぞ。私を眼中に入れず、彼だけを真っ直ぐ見て。

ただ唯一の救いもあった。
彼氏ってば、試着室に潜ってる以外、私の手をずっと握ってくれていた。

最初は、彼氏の知り合いなのかと思った。だから少しばかり茶化されてるのかと。
だけど、否定された。違うって。

確かに、彼女の贔屓目を考慮しても私の彼氏は結構いい男。
少なからず、モテる方ではある。
イケメン、ではない。いい男なのだ。

私の中のイケメンの定義は、流行りにキチンと乗れており、かつ、今時の雰囲気を醸し出せている人だ。

うちの彼氏は違う。
流行りにこそ乗らない…いや、乗れないが、雰囲気は男前でとても優しく気遣いもできる。顔ももちろん素敵だが、彼の一番の長所は、気遣いの出来る心の余裕さだ。
少なくとも私はかっこいいだけじゃ、惚れらんない。うん。

だから、あのアパレル店員は分かってないなぁ♡
顔だけで彼を判断するなんて、2億年早いwwwwwww

絶対渡さないもんねー、って彼氏言ったら俺は物じゃねえってキレられました。ちゃんちゃん。